10月17日。

家に帰らないと1日が終わった感覚がない。着替えもせず、即席で済ませた整髪料で髪を整え再び職場へ向かった。

 

朝の新橋は本当に汚い場所だと思う。

 

夜明けまで営業していたであろう雑居ビルの居酒屋からは、既に閉店し施錠がされているのに人気に似た何かが入口から溢れ出している気がする。そんな雑居ビル郡を両側に、事務所へ進まなければならない。よく見ると店から溢れていたのは人気ではなく虫と鼠だったりする。公園ではサラリーマンがホームレスに混じって煙草を吹かしている。どちらもこの場所では小汚く見える。

 

新橋と汐留。

 

ものの5分も歩かないのに歴然とした違いがある。汐留を彷徨くと決して新橋側では出逢わないような人が闊歩している。

 

事務所では新人に見積の作り方を教えていた。

 

教えていた、というより正解だけ渡して答え合わせさせてたという表現の方が正しいかもしれない。解説なしで解答を渡して自習させているようなものだ。大学時代、個別指導塾でのバイトでも同じような事をしていた。解答・解説を字で伝えようが口で伝えようが出来る奴は出来るようになる。どちらが好みかだけ聞けばいい。

 

見積の作り方はExcelの弄り方が7〜8割を占めるから、解答と全く同じになるように作ってもらって感覚で掴んでもらうしかない。

 

そうやって結局3時間くらいを費やした。3時間が1.5時間になり、いつの間にか10分、いや5分になる。これから何百と見積を作る事になるのだから。

 

家に帰ったが、そこは梱包されたダンボールで溢れており、また1日が終わった気がせぬまま翌日を迎えることになりそうだった。

おでん

秋を迎えてはじめてのおでんを食べた。

 

f:id:leonida_nara:20181017121447j:image

 

おでんや鍋は寒い時期にしか食べないから、秋になって寒くなって「今年はじめておでんを食べた」と言う人は、冬におでんを食べた可能性を捨てきっている。春の前に存在した冬はもはや過去の出来事になっていて、今年が一体いつから始まっているのかを忘れている。

 

きっと、1〜3月のあいだにもおでんを食べていただろう。何故ならその時期は凍えるように寒い時期だから。秋なんか比べ物にならないくらいに。今よりもっと熱燗が美味しく感じられることだろう。

 

「普通に生活したい」なんて、ふと呟いたのだけど、普通に生活してる人は普通になんか憧れないらしい。

 

ずっと普通と思って生活してきたのに。遠回しに異端認定を受け、ショックだった。引越しが終わったら普通に生活出来るだろうか。

下半期です。

出社してふと周りを見渡すと誰もがネクタイを着用して働いている。律儀なおっさんたちだなぁなんて思って聞いてみると、クールビズは9月末で終わっていたらしい。

 

2週間も気付かずに首回りだけ夏気分で働いていた。

 

10月から3月までは下半期と区切られ、新しい目標と新しい施策を考え直し、企業はまた稼働を始める。

 

その施策発表会と懇親会が今日の仕事だった。施策という名のお絵描き。ライブのセトリを考えるようなものだ。

 

懇親会では酒を飲んだ。1週間ぶりの酒。普段はこんな量じゃ頭が痛くならないから、まだ本調子ではないのだろう。帰りの電車で熟睡してしまった。

 

ふとTwitterを開けたら、夏の魔物にシロクマのマイコーが加入したというニュースを見た。知らないところで世の中は色々動いて変わっているんだな。

 

明日からはネクタイを締めよう。日々が変わらなすぎて、物事に鈍感になっていたこの身を恥じた。

青山通りと山手通り

ライブの出番を青山通り沿いのベローチェで待っていた。外はシャツ一枚では肌寒く、もう本格的に秋の匂いが渋谷を取り囲む。店内の蒸し暑さもまた空調を点けてないこの時期独特のものだった。

 

夜の闇が夏よりも深くなった。秋だ。

 

LUSHに戻る途中、歩道橋からふと逆方面を眺めてみる。

 

青山通りは表参道方面に歩けば華やかだけれど、反対側はオフィス街で休日は閑散としている。同じ渋谷でも学生も旅行客も通らない。

 

この時期の散歩は気持ちが良い。いくら歩いても背中に汗をかかない。汗をかきそうでかかない。やわらかに火照った身体。そのくらいの体温が永遠と続くから、いくら歩いても疲れない。空気がカラッとしているのも有難い。汗をかかないから、夏に比べて喉も渇かない。

 

f:id:leonida_nara:20181015072316j:image

 

散歩は出来ないから、帰りは渋谷から中野までバスに乗った。山手通りを直進するバス。休日は定期を持っているシニア以外誰も乗らない。

 

渋谷もNHKを越えるともう人影も灯りも殆ど無くなる。この経路で帰る時、バスの中から見えるテラスにソファが置いてあるカフェに入ってみたいと毎回思うが、駅から遠いその場所に入れた試しがない。代々木公園駅NHKのちょうど間に位置している。

 

車道も歩道も無駄にだだっ広い山手通り。自分が子どもの頃に作られたであろうグレーの打ちっ放しか赤レンガの外壁が目立つ。こんな交通の便が良くないところ。オフィスか民家か、よくわからない。

 

バスの中は閑散としていて、それでもやはり空調が効いてないから蒸し暑く、少々息苦しかった。僅か10分前にライブを終えたとは思えない静寂。今日のライブは凄く落ち着いて盛り上がれたと思った。

 

f:id:leonida_nara:20181015073548j:image

アンビバレンス

4年前の自分の姿を見た。

 

短く整えられた髪型とメガネ。どこぞのシステム会社に勤めるSEといったその風貌は、今とは比べものにならない程に別人だった。

 

 

どこぞのシステム会社に勤めるSE。

 

でもそれは紛れもない事実で、SEではなく営業だという職種を除けば、風貌から連想されるパーソナリティは合っている。29歳だったその頃の自分はなぜか今よりも老けて見えた。

 

顔は変わらずとも、髪型や服装、そして表情で人は変わる。学生の頃、世間の何も知らず無知でお金がなくへらへらとしてた自分。社会人になり日常業務に追われ見た目に気を使わなくなった自分。それがちょっとずつ要領を得て、気を使い始めた身だしなみは、より社会人らしい身だしなみだった。単純にメガネと髪型だけな気もするけど。

 

元の嫁は一体いつ頃の自分と付き合っていたのだろうか。

 

付き合って、同棲して、一度別れて結婚して、そしてまた別れるまでに計10年。人生の1/3近くの時間を費やしてしまった。10年も期間があれば見た目だって考えだって相当に変わる。

 

付き合い始めた頃の華奢でか細い自分は当に消え、一緒に居た大半の期間はメガネで小太りの姿で、ちょうどそれは別人に見えた4年前の写真に写る自分であり、今思えば社会に埋没してやりたいことがよく分からなかった自分の姿だった。

 

何がしたいことなのか探し続けて放ったらかしにした結果2度も浮気されたのだけど、この風貌と性格ならば仕方のないことだろう。その時点で終わらせるべき関係だったのにずるずると引きずって周囲を巻き込み、本当は死んでいるのに物理的な生活だけが続いているゾンビみたいな状態で10年間も世間を彷徨ってしまった。死んだ時点でこの関係は埋葬してしまうべきだった。ゾンビ化した要因は決断力のなさ。つまり勇気がなかったのだ。一人になって立て直す勇気が。

 

 

ここ1年で髪が伸び、また風貌は変わった。浮気されるのもおそらく3度目。それでようやく離婚を決断した。他にやりたいことが見つかって決断出来るだけの勇気が蓄積されたのだろう。

 

やりたいことが具現化された今の姿をもう元の嫁はまったく気に入らないだろう。長い髪も、だらだらとした服装も。そうやって人は変わるから。いや、変わったのではなく、元の嫁と出逢う前の自分に戻っただけなのかもしれない。

 

見た目っていうものは環境に大きく影響されてしまうようだ。意識してなくとも。

 

今の方がよほど元の自分らしい。

 

いよいよ来週は引越しである。

ようやく一区切り。長かった。

風邪。もう何度目?

風邪を引いた。今年何度目の風邪だろう。

 

元から身体が丈夫な方ではないが、それにしても今年は頻繁に風邪をひく。かれこれ4〜5回は引いている。

 

不調はいつも週の頭。休みが終わる、大抵は日曜の夜だが、その夜は、ぐっすり寝ようという意志と、なんとなくすることがなくて持て余している時間を埋めるべく深酒する。明日から始まる1週間を憂うモヤっとした気持ちは酒のぽおっと身体に溜まる温かさで和らいでいく。どれだけ昼間にだらだらしてようと、昼寝を繰り返して体力が有り余っていようと、一度酒と戯れれば不思議と眠りにつき、明朝、支度をしないとならないギリギリの時間まで熟睡出来る。

 

この明朝に目が覚めた瞬間に異変に気付く。

 

ただでさえ週頭は憂鬱なのに、異変が風邪だと気付く直後には憂鬱は二乗になる。だって、今日から始まる1週間をまるまるこの不調と共に過ごさなければならないから。

 

風邪を引く頻度が増えたことともう一つ、大きな変化は風邪の治りが遅くなったことだ。

 

市販の薬を飲もうがいくら寝ようが、なかなか完治しない。必ず1週間は引きずる。だから風邪で始まった1週間は普段よりも多く睡眠を取らなければならない。

 

決まって不調はやって来て欲しくない時にやって来る。

 

上半期が締まり、下半期に向けての施策や目標数字を練らなければならないこの時期。引越しに向けて現居と新居を往復しなければならないこの時期。そしてようやく休日のイベントに誘ってもらえるようになったこの時期。それが季節の変わり目と同じタイミングだったことを悔やむ。

 

備えもしてなかったから、かかるのは当たり前の風邪。歳を取ったからかかりやすくなった。来週の頭には快復しててくれないとなぁ。