食べ物のこと。

麺。

昼まで家で仕事して、夕方になってお客さんとの飲み会で横浜へ戻った。 家では今年はじめてそうめんを食べた。細く微かな味しかしない麺と氷でキンキンに冷えたつゆ。喉越しが良いのでつい食べ過ぎて気付くとお腹いっぱいになっている。これで風鈴の音と蚊取…

へぎそば。

暖かいけれど雨は外出を億劫にさせる。 生暖かい空気の中、しとしとと降る冷たい雨もまた春らしい。4月の初旬は雨が止まない。今年は暖かくなるのが少し早い。例年であれば少しぽかぽかして来たくらいで桜が咲き、このまま週末まではもってー!と思った矢先…

質素な食事。

月末月初は無駄に事務処理が立て込むので、実家に着くのが20時近くになってしまった。とは言っても会社を出たのは18時前だったのだけどね。みなとみらいから吉祥寺までの道のりは遠い。 何も食べてなかったので、余りもののご飯を頂いた。炊飯器で炊いた米。…

日本酒バー。

酒ばかり飲み過ぎて、このまま身体はアルコールをきちんと消化・分解出来ているのか心配になる。 吉祥寺には高円寺・中野と違って大衆的な飲み屋が少なくて、小洒落た店ばかりかと思っていたら、案外探せばちょこちょこと面白くリーズナブルな店はあって、今…

食への興味。

夜は寒い。明らかにここ数日気温が下がっている。 食事に気を使う性格では無かったのだが、さすがにここまで外食が続くと健康面を不安視してしまう。とは言え自炊する程の甲斐性も無い。 煙草の量も増え気味である。食事よりもカフェインとタール・ニコチン…

おでん

秋を迎えてはじめてのおでんを食べた。 おでんや鍋は寒い時期にしか食べないから、秋になって寒くなって「今年はじめておでんを食べた」と言う人は、冬におでんを食べた可能性を捨てきっている。春の前に存在した冬はもはや過去の出来事になっていて、今年が…

糖質制限ダイエット

飲み過ぎがたたり、去年の夏より3kg肥えた体を少しは元に戻そうと糖質制限ダイエットを始めた。 参考にしたのはこの本。 医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 作者: 牧田善二 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発…

6月22日。

金曜日。 まだウィークエンドを彷徨っている。 確実に怠慢だ。今月はやりたいことが上手く進んでいない。こういう時は出来ることを粛々と進めるしかない。 一つには走り始めた事も大きい。 2日に一度。1時間をランニングの為に時間を取る。これが思いの外難…

悲しい食事。

少々肥えすぎた。 酒を飲むと食が進むから、とつい調子に乗って気が緩んだ。基礎代謝が低いので、数kgの増減は直ぐにやって来る。この半年間で大分増えてしまった。 そろそろ痩せ時かなぁと思い、走り始めた。 今日が2回目。初回は日曜日。身体が慣れていな…

のどぐろのしゃぶしゃぶ

接待は順調。あっという間に時間が過ぎ、記憶も飛んで気が付いたら家で寝てた。 のどぐろのしゃぶしゃぶなるものを食べた。 茹でた昆布だしに切り身ののどぐろをさっと通し色が変わるか変わらないかの瀬戸際でポン酢に付けて食べる。なんか、贅沢をしてるな…

米を研ぐ。

朝。米を研ぐ。 米を洗う行為なのに、なぜ「研ぐ」と言うのだろうか。米を「すすぐ」ではダメなのだろうか。 「すすぐ」と言うと何だか洗濯物のような印象だ。「研ぐ」は刀か包丁。どちらも食べ物に使う言葉にしては相応しくない。 でも、「洗う」で済ますに…

ハンバーガーチェーン

家の近くにフレッシュネスバーガーが無くなって久しい。 中野駅南口商店街にあった店舗も、高円寺の天下一品の向かいの店舗も、新宿西口から大久保通りに抜ける大通りにあった店舗も、ここ3年位の間に全て別の飲食店が入ってしまった。 ハンバーガーチェーン…

夕御飯。

いつからまともに夕御飯を食べなくなったのだろう。 晩酌をするようになってからか。 家で米を炊く習慣がなくなってからか。 太るのを気にし始めてからか。 酒、特にビールを飲む人にとって、白米と酒の組み合わせが合わないのは明らかで、炭酸で腹が膨れる…

もつ鍋と遅い新年会

お客さんとの飲み会。 構築や障害が立て続いていたというのと、予定が重複してしまっていたというのもあって、新年会が一月の末にずれ込んでしまった。 この業界、ITのインフラレイヤーの業界なんですが、寡黙というか、大人しい優しい方が多い業界なので、…