対バンという不思議

いろいろあった1週間だった。

振り返ってみてもとっても濃密。

 

10月からも週1ペースでライブをやっていく予定なのだけど、その前に12、13、17日と週3でライブってのを経験出来たことが良かった。

 

どのくらいがペースとして合っているのか。

どのくらいのテンションで臨めばいいのか。

 

まだまだ場数が少ないっつうことも、リハ無しで仕事終わりからライブにどうやってテンションを切り替えていけばいいのかってのも含めて。それは実際にやってみないとわからない。予定を詰め詰めにしてはじめてわかることもある。うまくいったこともあるしうまくいってないことも多い。

 

そして。

 

レオニダの各ライブの出来、不出来、感じ方は観てくれた人たちそれぞれとして、やっぱり話したいのは対バンのライブ。

 

今週だけでも10組近い対バンを観てきた。

 

当たり前なのだけど、出るライブハウス、企画によって音も違えば対バンのジャンルも異なる。まだちょっとしかレオニダを続けていないけれど、こんなにいろんな人たちと対バン出来んのねってくらい。

 

でもその違いだったり凄さだったり。それを感じることが純粋に面白いし、とっても素敵。

 

しかも終わった後に酒まで一緒に飲める。

既に自分らのライブ自体よりもその後の打ち上げの方が楽しくなってる自分がいる。それで良いのかってのもあるけど。これからも打ち上げが楽しいからライブ続けていけそうな気がする。

 

んで、12日のClubQueはジャンルは全く違うけど、今後凄く「来そう」なバンドを各地から集めたイベントだった。

所謂高校のインターハイ的な。aintとかUK Projectのオーディションで優勝してるし。そんなすげーバンドと対バンさせて貰えただけでありがたい。

 

Altheaはゆーへーくんが体調不良で、急遽レオニダの出演順が変わった。

でも、突然でヘルプしてくれてたアベシュンスケさんがいい声出してて、よく1日で曲覚えたなってとこも含めていいパフォーマンスだった。あーいう時にバンドの底力が発揮される。

今度は完璧は状態で対バンしたい。何よりしゃべってめっちゃいい人だったのが心に残った。リズム隊がめっちゃ上手いのだけど、激しい曲より個人的にはこの四つ打ちの曲が好き。

  

 

大濱健吾さんも弾き語りだったのだけど、ヤバかった。

バンドを解散してずっと弾き語りしているらしい。なんていうか、ステージにいるのは一人なんだけど引き込まれる世界観がすごかった。特に1曲だけ中島みゆき「ファイト」をカバーしていたのだけれど、これがもう半端なかった。ジャンル関係なく凄いとまた見たくなってしまう。何が凄いんだろう?上手く形容出来ないから実際に見ないと伝わらないのかもだけど。でもとにかく凄かった。

打上げでもうちょっとビートルズの話の続きがしたかったのでまた遊びに行こうと思う。

 

 

13日のBasementBarはClubQueとは違って、バンドのジャンルは違うんだけど、好きな音楽とノリで固めて来たなというイベントだった。この日の打ち上げがいい意味で一番上がった。ずっとテキーラ飲んでたてのもあるが。それは飲めるだけ上がったイベントだったってことよね。

 

60~70SのUKっぽい曲調とコーラスワークが最高なピッピスタア。

 

ボブマーリィとスライのようなレゲエ・ファンク要素があって落ち着いて乗れる感じのLarry Laugh Land。

 

そして初ライブだったというのに場のノリを全てかっさらっていったWhat’serrrrr!。

両親の影響で米米クラブとか爆風スランプ聖飢魔IIの80Sソニー系バンドが好きだって言っていたけど、2人でMC挟みながらラップで盛り上げていくノリはカールスモーキー石井とジェームズ小野田を彷彿とさせてた。いいよね!ずっと前列で踊ってしまってた。そりゃあライブ終わってテンション上がってテキーラがぶ飲みするよね。

チョット遅れたのだけど、what'serrrrr!のBasementBarパフォーマンス。最高に踊れた。また観たい!

 

そして昨日17日の新宿JAM

おともだちの中井設計の企画のお呼ばれ。ビニルスとレオニダの2バンドで出て来ました。

 

The LucyはCDの帯にTwo door cinema club・・・って書くほどに2010SのUKのダンスロックチューンでした。Foster The Peopleとか、5~6年前の自分だったらどハマりしてただろうなってくらいしっくり来て。とにかく踊れた。四つ打ちと三連にディレィが乗ったリフは鉄板。ステッカーがかっこよくて衝動買いしちゃった。 

 

そして主催者、設計さん。

5月に横浜FADに出た時に知り合ったのだけれど、なんなんでしょうね、この人。

一緒にサマソニ行って、「カサビアンが超踊れる!楽しい」とかって言っているのに、見た目が全部を超越しているというか。とってもシンプルな音楽を追求しているのに演出はめっちゃ凝ってて楽しいというギャップが最高。

 

ここ何ヶ月かのあいだで何回「クレイジーベイビー!」「Fu-Fu-!!Yeah!Yeah!」って叫んだことか。でもそれが楽しいので何とも言えない。

設計さん、10月はソロでライブこなしていくみたいなんで、是非頑張って欲しい。10/21にはまたレオニダで新宿JAMで対バンします。やっぱり弦が一本ファンクが一番好き。もっと粗々しく弦を外していってもいいんじゃないかな?って。

  

関係ないけど、今ドラクエ11をやってるのだけど、シルビアってキャラがなんか設計さんを彷彿とさせるのよね。

f:id:leonida_nara:20170918215219j:plain

性格も、喋り方も。みんなを明るくしようと思って信念を曲げないとことか。ゲームやっててシルビアの名前変えたいくらいに。まぁ、オカマキャラなんだけどね笑

 

これから年末まで週1ペースでライブを続けていって、まだまだ知り合えるバンドは多いと思う。幽☆遊☆白書の暗黒武術大会みたいに凄いバンドこれほどかってほど毎回現れる。例えが古いか!?

 

初めてClubQueに出た6月から9月までの3ヶ月でも色々あったのだから、年末までにもまだ色々楽しい出逢いが待っているのだろう。来週ていうか明後日20日にも新宿レッドクロスでライブなので。

 

最後に手前味噌だけど、さっきBasementBarのライブで演ったLASHをUPしました。

ちょっと場慣れして来たかな?撮影してくれたりかちゃんありがとう。