湯を沸かすほどの熱い愛をやっと観た

『湯を沸かすほどの熱い愛』をやっと観た。

 

湯を沸かすほどの熱い愛
 

 やっと観れたのだけど。。。

女の人は強い。

 

家族ってなんなのだろう。

 

序盤、娘の杉咲花が学校で虐められてるところとか、こういう家庭に生まれてしまったらこうなってしまうよな、とかそんな視点でしか観れてなかったのだけれど、宮沢りえの強さに徐々に引き込まれて行って、静岡への旅行中に拾った松坂桃李を抱き締める場面くらいから、幸せの形って自分が今まで想定していた以上の何かが存在するのだな、って。それは、自分が求めるより、何倍も人に与えなければならないのだなって。でも、死ぬ事は決まっている。

 

家族って、多分自分は一生持たなそう。

周りの人を幸せにする自信がない。生まれてきた時に自分の子だったら、その子に申し訳が立たないと、毎回思ってしまう。もしかすると、それは自分も親に対してそう思ってるからなんだろうけどね。愛情が無かったのか、歪んでいたのか。

 

でも全てを受け入れて包み込んでくれる。そんな愛情があれば、もしかすると人は幸せになれるのかもしれないね。

 

泣きたい時はこの映画を観ようと思う。

 

この役が宮沢りえでよかった。