12月15日。

普通に出社して、1週間分の溜まった仕事が捌けるのか心配になったのだが、その心配は徒労に終わったようで、お昼になる頃にはまたいつものように暇を持て余していた。

 

本当にこんな具合で緩く働いていて良いのか不安しかよぎらないのだけど、会社に居ると上司からのありがたいおべんちゃらに呼び止められてしまうので、いつものように横浜から新宿の事務所へ逃げ込んだ。

 

忙殺される生活も苦痛だが、する事がなくて屍のように定時の知らせを待つのも辛い。適度なストレスなんて臨んでも叶うものじゃないから、つくづく自分てのは我がままな生き物だと呆れてしまう。

 

定時で上がりたい用事がある時に限って仕事を煽るようなメールが入る。上司からの資料確認のメール。上司の指示通りに作成して、上司がレビューして納得した資料なのだから部下が口出しするのはおかしな話だ。口出ししても意向に沿っていない意見は黙殺されてしまうので、こちらもこの連絡を黙殺することにした。これもいつものことだ。

 

メールに返信したタイミングで新宿の事務所を飛び出し新代田へ向かう。Art-Schoolのワンマンへ。新代田と代田橋を勘違いしていた為に待ち合わせ時間に少し遅れる。だが、待ち合わせしていた友人は数日前に失くしたスマホを取りに行っていたらしく、更に遅れるということだったので少し安心し、友人を待つ間にネクタイを外し、札を財布から小銭入れに移し、ライブを身軽に見る準備を整える。

 

Art-Schoolのライブはニトロデイとのツーマンだった。

 

FoolishやNegative、Outsider、ロリータ・キルズ・ミー等、初期の曲が多かった気がする。『Boys don't cry』に入っていた懐かしい曲たち。05年のRock In Japanで見て以来、幾度となく見てきたけれど、最近はリッキーとトディの楽しそうな掛け合いを聞く度ほっこりする。解散しなくて良かったよ本当。これからもライブを続けておくれ。また観に行くから。

 

ライブを観終わった足でそのまま永福町にて下車。高円寺までタクシーで移動し11月のClubQueで対バンした仲間たちと飲み始める。

 

元々4人で飲むはずの飲み会は、人数が膨れ上がり入出含めて7人になった。こうやって少しずつ仲間が増えて行くことが今は1番楽しい。周りの皆さんのおかげです。

 

結局始発まで過ごした高円寺の早朝は寒気が強い今年の冬らしく、凍えるくらいの極寒だった。みんなを送って別れて、そして歩いて帰る。

 

歩いている時。わずか10分足らずのこの間に朝まで飲んだ高揚感とまた一人に戻ったなという孤独感の両方がじわりじわりと脳裏に押し寄せてくる。帰って寝て陽が登れば忘れているだろうけれども、吹き付けられる冷たい風と5時だというのに暗い冬の空がどうしても孤独感を増幅させ迫ってくる。

 

こうやって同じように一日を終わらせ、また新しい明日を迎える。同じようなのに積み重ねによって日々は変わっていく。

 

f:id:leonida_nara:20171216202033j:image