誰かと話をしたあとに、その人が自分と話をしていて心地良いと思ってもらうことは、コミニュケーションを取る上でとても大切なことだと思う。

 

その為には相手の話を聞く姿勢がとても大事だし、相手に興味を抱けば自ずと相手のことをもっと聞いてみたいと思えるようになる。

 

だから、誰かと話す時は常に献身的にした方がいい。献身的に出来ない時、何でこの人は自分の話しかしないんだ、話題を振ってこないな、と苛々してしまう時は、きっと自分が疲弊している時なんだろう。そういう時は誰か話を聞いてくれる人を作ればいい。

 

会話が終わった後にその空間全体が心地よくなるような居場所作りが出来る人はとても素敵だし、まだまだ気遣いを磨かなければならないなと感じた。そんな静かな日曜の夜だった。