岸辺の旅

 

岸辺の旅

岸辺の旅

 

新年一発目に観た映画なのだけど、内容がまぁ、予想通り暗かった。

 

どういう経緯でかは不明だが、死去した浅野忠信演じる旦那の霊が深津絵里演じる妻の元へ3年ぶりに突然返り咲き、2人で死を辿る美しい場所を求めて旅を始めるというストーリー。

 

旅の途中で出逢うこの世に未練のある魂たち。彼らは皆、浅野忠信たちとの交流から未練を断ち切りあの世へ旅立っていく。

 

映画前編を通して、死人と普通に触れ合う生き残った深津絵里。その説明は全く為されないのだが、一人取り残され孤独に生きている事が幸せなのか、一緒に死んでしまった方が幸せなのか、映画が進んでいくにつれどんどん解らなくなっていく。

 

でも、生前のある行為で浅野忠信深津絵里を裏切っている。それでも旦那の全てを「分かっている」つもりで毅然と振る舞う深津絵里が、不幸に見えて仕方がない。裏切られた旦那の何がわかるというのか。こういう女々しい態度がまた2人を引き離すのに。でも、現実にそうされたらきっと同じ態度を取ってしまうのだろう。人は誰も弱い。弱いし寂しいし、だから誰かを求める。求めてる時ほど誰も寄って来ないのがまた辛いのだけれど。


生きていると本当に色んなことがある。

 

もし死人と会話出来たなら未知も少しは既知になる。だけど会話出来るのは想像の中だけ。本当はね。死人と愛を確かめ合えるのが死んだ後というのは、生き残った者のエゴなのかもしれない。

 

スピリチュアルというよりホラー混じった不思議な映画だった。