4月27日。

ゴールデンウィーク前最後の仕事は思っていたよりも呆気なく終わった。こちらから相手方への依頼は全て済んでいる状況だった為、ひたすら回答を待つことに徹していたのだけれど、どの回答も本日中は難しいです、というものばかりで、相対者からのさまざまな言い訳を聞いていたらいつの間にか時間が過ぎて夕方になっていた。長期連休前の最後の一日。誰だって面倒な事案は先延ばしにしたいものだ。いつまで先延ばしに出来るか。唐突にやって来るのは寿命くらい。後は委細を有耶無耶にして時の彼方へ。そうしているうちに寿命はやって来る。

 

軽く仮眠の後、新宿MARZへ弱虫倶楽部を観に行く。彼らのライブの時だけフロアの人数が倍近くに増えていた。みんな四つ打ちの心地良いダンスビートを聴きに来たのだろう。彼らの前に出ていたpopiyaのライブも素晴らしく、実は木曜のあるびおんずの企画で観ていたので、2日連続で宝島へ冒険に出かけたのだ。60年代後半のフラワームーブメントのような踊れてサイケなロック。ジミヘンみたいなワウがわちゃくちゃと鳴っていた。

 

2組を観ていたら調子に乗ってビールを煽ってしまったので、また仮眠しつつレコーディングを待つことに。とは言え、本日は上物録り。ボーカルとコーラスとギターだから、出番はなく、スタジオで6時間ほどやいのやいのさせて頂いた。レコーディング風景を観つつ、眠たくなったら煙草を吸って外の風にあたり、またブースに戻って進捗を閲覧する。出来上がりは5月末になるだろうか。ここからはミックスを担当する近久さんが主役になる。

 

地下のスタジオから地上に上がると、ひんやりとした空気は影を潜め、いつも通り初夏の快晴が姿を現してした。そう、ゴールデンウィークが始まったのだ。だけどその前に就寝。ゆっくり寝て一旦リセットしないと何も考えられないくらい疲れたよ。

 

f:id:leonida_nara:20180428211555j:image