青山通りと山手通り

ライブの出番を青山通り沿いのベローチェで待っていた。外はシャツ一枚では肌寒く、もう本格的に秋の匂いが渋谷を取り囲む。店内の蒸し暑さもまた空調を点けてないこの時期独特のものだった。

 

夜の闇が夏よりも深くなった。秋だ。

 

LUSHに戻る途中、歩道橋からふと逆方面を眺めてみる。

 

青山通りは表参道方面に歩けば華やかだけれど、反対側はオフィス街で休日は閑散としている。同じ渋谷でも学生も旅行客も通らない。

 

この時期の散歩は気持ちが良い。いくら歩いても背中に汗をかかない。汗をかきそうでかかない。やわらかに火照った身体。そのくらいの体温が永遠と続くから、いくら歩いても疲れない。空気がカラッとしているのも有難い。汗をかかないから、夏に比べて喉も渇かない。

 

f:id:leonida_nara:20181015072316j:image

 

散歩は出来ないから、帰りは渋谷から中野までバスに乗った。山手通りを直進するバス。休日は定期を持っているシニア以外誰も乗らない。

 

渋谷もNHKを越えるともう人影も灯りも殆ど無くなる。この経路で帰る時、バスの中から見えるテラスにソファが置いてあるカフェに入ってみたいと毎回思うが、駅から遠いその場所に入れた試しがない。代々木公園駅NHKのちょうど間に位置している。

 

車道も歩道も無駄にだだっ広い山手通り。自分が子どもの頃に作られたであろうグレーの打ちっ放しか赤レンガの外壁が目立つ。こんな交通の便が良くないところ。オフィスか民家か、よくわからない。

 

バスの中は閑散としていて、それでもやはり空調が効いてないから蒸し暑く、少々息苦しかった。僅か10分前にライブを終えたとは思えない静寂。今日のライブは凄く落ち着いて盛り上がれたと思った。

 

f:id:leonida_nara:20181015073548j:image