34歳。

体重計に乗ると生年月日、年齢、身長、体重、体脂肪率基礎代謝、体内年齢が画面に表示される。

 

34歳。168.5cm。58kg。。。

 

毎朝通過するこの営みでひとつ歳をとった事に気付かされる。何も変わっていないようで、身体の老いは始まっているようだ。

 

33歳の1年が自分にとってかなり激動だったが、hideやサム・クックダニー・ハサウェイのように33歳で此の世の生活が終わることはなかった。どうやら私は普通の人なんだと、今日も安心して生活を始める。

 

子どもを作って核家族的な家庭を持って、、、という生活にはどうも憧れがない。自分のような社会に馴染めない人間をわざわざ要請するのは可哀想だ。それよりは好きな人と好きなだけ好きなものに触れているだけで日常は満足する。

 

好きな音楽、好きな本、好きな映画、好きな酒。好きな料理。好きな場所で好きなだけ。そして、身近で親しい人間に褒めてもらえるような生活。これ以上望むものはない。適度な収入と適度な自由時間。そして荒波に揉まれない平穏な生活。これをずっと求めていた筈なんだけどね。ここ3年くらいはまったく音沙汰無しだった。

 

もう生活のベースが変わることはないだろう。この10年で自分の度量も限界も分かったし、これ以上何をするでもない。今日の生活を明日も続けつつ、明後日も明々後日もあまり何も変わらず、好きなことと適度な拘束とその中での自由を満喫して生きていこう。