評価面談。

評価面談した。

 

3年後にどういうキャリアプランを描くか上司の擦り合わせする半期に一度の機会である。

 

幸か不幸か。ここ2〜3年は面談する管理職が毎度変わっているので逆にこちらは何も変えずにコピペを繰り返し、まったく同じ内容を提出し続けているが、何故か加筆修正されることなくサラッと承認され期末にはボーナスが支給されている。

 

周囲が辞めていくからか運が良いのかは不明だがこのままいくと3年後には管理職だそうだ。異動とリストラのリスクを負いながら4桁以上の年収を保証される職である。正直、子ども居なければローンもないのでそんなに要らない。

 

収入だけは安定して上昇していくが、それ以外は殆ど上手くいってない。

 

心にはどこか穴が空いている感覚は相変わらずだし、欲しいものは何一つ手に入っていない気がする。人気もなければ人望もなく、ルックスは日々醜くなっていく一方だ。良い歳の取り方なんかどこ吹く風で、歳を取れば取るほど空虚感が増す。何にも出来てないしという気持ちしか残らない。

 

評価面談ではぜひ仕事の出来具合以外の部分でも相談に乗ってほしいものだ。

 

いつもと同じように何にも変わらない週末がまた訪れる。