足首の柔らかさ。

本日も2時間の個人練。

 

帰ってまずビーターの返り具合を確認する。Pearlに比べて弱めに設定していたYAMAHAだが、ここで購入時の強さに戻した。重要なのは反動時にビーターの軌道を邪魔しないことで、オープン奏法に慣れるようにペダル中〜後方を踏めば反動だけ利用して大きく踏める事が分かった。

 

スタジオで踏んでみると好感触。やっと一歩前進出来たという感じだ。音も大きいし、オープン奏法になる。つまり、椅子の位置が前過ぎたってことなのだろう。

 

しかし、動画を見てみるとダブルアクション時の足の項の動きがまだ弱い。というか硬い。YouTubeにある動画と見比べると差は歴然。もっと勢いよく足を上に傾けてかかとから直角に踏んでペダルを持ち上げる一打目の操作が必要だ。

 

にしても、動画は効果的。撮ってみると動きも音も改善点が明確になる。レオニダの曲をひと通り撮って音のバランスを見るのもアリだと思う。

 

次はダブルアクション一打目の足の動きを意識すること。そしてそろそろ手の動作にも触れていきたいところ。課題は左手首の動き。家のパットで並行して修正していこう。

 

f:id:leonida_nara:20190710071018j:image